カプセルと顔を抱える女性
笑顔の女性

低用量ピルを選ぶときのポイントの一つに、第1世代から第3世代のピルに分類が行われる、この分類はピルに含まれる黄色体ホルモン成分によるものであることを覚えておくと良いでしょう。黄色体ホルモン成分は低用量ピルの有効性を左右するものではありますが、量が多いと血栓症の副作用のリスクが大きくなるといいます。尚、現代の低用量ピルは黄色体ホルモン成分が抑えられている第3世代のもの、生理や妊娠などに対して有効に働くとされます。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれるものです

女性の生殖機能を司っているのは卵胞ホルモンおよび黄体ホルモンといわれていますが、低用量ピルにはこの2つホルモンに似ている成分が含まれており、排卵を抑制する作用を期待することができます。避妊の目的で使うカップルも多いようですが、避妊のメカニズムは排卵の抑制・精子の子宮内侵入を抑制する子宮頚管粘液の性状の変化・受精卵の着床抑制の子宮内膜の変化の3つです。この3つのメカニズムにより避妊の可能性を高める、これがピルの魅力の一つになっています。

排卵後、女性の体内では黄体ホルモンでもあるプロゲステロンが生成されますが、排卵後や妊娠中に多くなるホルモンです。性周期の初期段階で黄体ホルモン剤を摂取した場合、体内は妊娠しているときと同じようなホルモン状態になり排卵を抑制することができる、これはピルの基本原理になる部分です。一般的にピルと呼ばれている医薬品には、黄体ホルモン・卵胞ホルモンに類似した2つのホルモン剤が含まれているなどから、別名混合ホルモン剤と呼ばれることもあります。

混合ホルモン剤として使う理由の中には、同じ用量でも単体で使用するよりも効き目が強くなるためで基本原理から考えた場合、黄体ホルモン剤を摂取すると避妊効果があると考えることができます。なお、避妊効果は正しく服用すれば妊娠の確率は避妊手術や子宮内避妊用具を装着したときと、同等レベルに相当するといわれており、避妊だけでなく生理周期を変えたいときや生理に伴って生じる重い症状の緩和、大量の月経血が特徴の月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などで使用されることも多いようです。

なお、低用量ピルには副作用が生じることがあるといいますが、これは個人差があるもので必ずしも起きるとはいいきれません。卵胞ホルモン剤は成分量による違いで、血栓症・乳がんや子宮がん・肝障害などのリスクを高めるといわれており、ホルモン量は選び方のポイントの一つになって来ます。黄体ホルモン剤には倦怠感や抑うつ感、乳房の張りやPMS的症状・性欲低下・経血量の減少などの副作用が生じるケースがあるといわれており、それぞれのホルモン量は選び方のポイントで抑えておくと安心です。

婦人科での処方以外での入手方法について

低用量ピルの選び方が良くわからない、このような女性も多いかと思われますが、低用量ピルは薬局やドラッグストアなどのお店では買うことはできません。最初に婦人科への受診を行い、症状のカウンセリングや健康状態の診察などで適切な医薬品を処方して貰うのが一般的です。症状のカウンセリングといっても、妊娠を防止したい目的で使うのであれば処方だけで良いのではないか、このようなイメージを持つ人も多いかと思われますが、現在服用している医薬品があるときや体のどこかに何らかの疾患があるときなど処方においては十分な注意が必要になるなどからも、健康状態をチェックした上で処方を行うのが通説です。

低用量ピルには妊娠および月経を女性自身がコントロールすることができるメリットがあり、毎日1回の服用で排卵を抑制して子宮内膜の増殖を抑える効果を期待できます。医薬品などからも副作用のリスクはありますが、気になる症状が現れた際には服用を中止して婦人科のかかりつけ医への相談をすると良いでしょう。ちなみに、低用量ピルなどの避妊経口薬は海外の調査の中で血栓症・子宮頸がん・乳がんなどの発生する可能性が高いといった報告があるため、長期の服用を考えている場合などでは問診および検診を半年毎、婦人科での精密検査を1年に1度、子宮頸検診を1年に1度の割合で受診することが推奨されています。

なお、婦人科で処方して貰える低用量ピルにはいくつかの種類があるといいますが、処方している病院が多い医薬品も存在しています。処方においての価格は自由診療などからも病院により変わりますが、相場としては1シート1か月分が3,240円です。薬代以外にも初診料や処方料などの費用がかかりますので、病院で処方して貰う場合などでは数か月分まとめてできる病院を見つける、費用を節約できる選び方といえましょう。

一度処方して貰ったあとは、個人輸入代行を行っている通販薬局を利用する方法もおすすめです。病院などの医療機関で処方されることが多い医薬品の場合、個人輸入代行を使えば1シート1,600円前後、まとめて購入すると購入数量に応じて割引があるので費用の節約効果を期待できます。

記事一覧
ジネット35は安いって本当?販売価格についてご紹介してみます!

ジネット35はインドの製薬会社が開発を行った女性用ピル、一般的なピルとは異なり低用量などからも小柄な...

2020年03月30日
ピルを安く手に入れたい人は必見!ジェネリック薬がおすすめです

医薬品の開発には、膨大な費用および日数を要するといわれています。仮に、新薬の開発情報が他社に漏れてし...

2020年05月18日
避妊薬であるジネット35にはニキビの改善にも効果があります!

ニキビができるメカニズムはどのようなことなのか、不潔にしているからできるのか、それとも他に原因がある...

2020年04月30日
吐き気や不正出血を引き起こすことも?ジネット35の副作用は?

ジネット35はシプロテロンを有効成分にしている1相性の低用量ピル、シプロテロンは抗アンドロゲン作用を...

2020年04月14日